神楽坂・絵本パークレット

11月3日は、神楽坂のイベント「神楽坂・絵本パークレット」で
読み聞かせとワークショップに参加してきました。

新刊「よるだけパンダ」を
子どもたちの前で読み聞かせ。

そのあとは、パンダ?がぬ~んと飛び出す
メッセージカードも作りました。
みんな楽しんでくれてよかったです。

次回の神楽坂・絵本パークレットは、
2018年1月21日(日)にあるそうです。
場所は神楽坂駅すぐ、神楽坂高齢者福祉施設1階です。
(新宿区矢来町104)
私もまた参加する予定です。ぜひぜひ遊びに来てください~!

「よるだけパンダ」発売

10月25日、絵本「よるだけパンダ」が
小学館より発売いたしました。

既刊「いちにちパンダ」の続編にあたる絵本です。
今度はパンダが人気の動物園の、夜の時間のおはなし。
眠たそうなパンダさんの表紙。
今回もくさかさんの可愛くも、可笑しい絵が
いい具合に効いています。

今回も多くの方に助けをいただきながら
出版することができました。感謝感謝です。

上野動物園の赤ちゃんパンダ、シャンシャンも、
すくすく育っていますね。公開を待たれるところです。

よるだけパンダ、どうぞよろしくお願いいたします。

『よるだけパンダ』(小学館)
さく・大塚健太/え・くさかみなこ

小学館
amazon
絵本ナビ

第5回わかやま絵本大賞2017

「いちにちパンダ」(小学館)が
第5回わかやま絵本大賞2017で、第2位になりました!
http://www.living-wakayama.jp/social/ehon/

わかやま絵本大賞は、ノミネートされた絵本の中から、
和歌山県の書店で好きな作品を投票していただき決めるもの。
和歌山はパンダととてもご縁のある県、
みなさんに選んでもらい、本当にうれしいです。
ありがとうございます。

バンザーイ、パンダーイ!
和歌山行ってみたいなー。

第1回未来屋えほん大賞入賞

「いちにちパンダ」(小学館)が
第1回未来屋えほん大賞の入賞作に選ばれました!

「未来屋えほん大賞」とは?
この賞は、全国の未来屋書店・アシーネ約340店舗の児童書売場担当者にアンケートを実施。
最近1年間に出版された絵本の中から、最も支持された絵本を決定するというものです。
~未来屋書店サイトより抜粋~

最近1年間に出版された新作だけでも3000冊にものぼるとか。
その中で20冊に選んでいただいて、とても光栄です。
書店員さんに選んでいただいたというのも、また嬉しいですね。

現在、全国の未来屋書店・アシーネで未来屋えほん大賞フェアを開催中とのこと。
お近くに店舗のある方、ぜひのぞいてみてください。

ということで、これからも
いちにちパンダ、よろしくお願いします!

原画展とトークイベントへ

先日は、高畠那生さんのなつやすみ展へ。
これまでに描かれた絵本の原画をたくさん見てきました。
高畠那生さんの絵はもともと大好きでしたが、
原画はさらに生き生きとパワーがあって、
ますます好きになりました。
最終日だったのでご本人もいらしてラッキーでした。
絵本にサインもしてもらいました。

そのあとはブックハウスカフェへ。
絵本講座の同期でもある
五味ヒロミさんの出版記念トークイベント。
仲間が活躍している姿を見て、うれしかったです。

たくさん刺激を受けた一日でした。

宮本えつよしさんWSへ

先日はとってもお世話になっている絵本作家の
宮本えつよしさんの工作ワークショップに行ってきましたよ。

カラービニールを使ってのファッションショーと、ペットボトル工作。
参加していた子どもたち、夢中になっていました。
あっという間に子どもを引き付けて、大人も笑いに包む宮本さん。すごいなー。

私はペットボトル工作で参加したのですが、
ファッションショーの時間には、お手伝いで来ていた
くさかみなこさんが「ビニールパンダスーツ」を作ってくれました!

さっそくそれを着てみたけれど、ビニールだから暑い。。。
「いちにちパンダ」ならぬ「いっしゅんパンダ」になりました。
でもパンダになったとたんに子どもたちが集まってきて、
イジられて、なんだか嬉しかったです(笑)。

20992949_10214017510899813_9176442435479727500_n

20170821

中国影絵とサイン会

先日は和歌山静子さん、きむらゆういちさんのご紹介で
中国影絵を見てきました。
動く水墨画とでも言いましょうか、
美しい色彩と動きで、まるでアニメーション映画を
見ているような感じでした。

そして影絵のあとには、絵本作家さんが大集合しての
合同サイン会。私も名だたる先生方にまじって
サイン会をさせていただきました。
中国からいらして絵本を買ってくださった方、
さっそくその場で子どもたちに
「いちにちパンダ」の読み聞かせをしてくださった方、
サイン本を嬉しそうに受け取ってくれる子どもたち、
いろんな方に触れ合うことができてうれしかったです。