イベントおわりました!

昨日はブックハウスカフェでのイベントでした。
お越し下さったみなさま、ほんとうにありがとうございました。

今回「よるだけパンダ」読み聞かせのあとには、
初の試み「よるだけパンダ」ならぬ「いまだけパンダ」になってみよう!
と、会場のみんなでパンダになってみましたよ。

絵本の中の飼育員さんから、パンダスーツの入った箱を借りてきて(笑)、
みんなでパンダスーツを着てあそびました。

楽しかったなー。子どもの想像力は無限です。いえいえ、大人だって無限です。

クリスマスカードのワークショップも、
みんな楽しんでくれてよかったです。
大人の方も一緒にやってくれたのもうれしかったです。

素敵な日にイベントをさせていただき光栄でした。
ありがとうございました!

12/23(土)はブックハウスカフェへ

12/23(土)の15時から
神保町のブックハウスカフェで
「よるだけパンダ」刊行記念イベントを
開催することになりました。
https://ameblo.jp/bhcafe/entry-12333186523.html

絵本の読み聞かせ&ワークショップ
「ぬ~っと飛び出すカードを作ろう!」

2017年12月23日(土)
15:00~
無料・予約不要

この日の夜はなんと、
ブックハウスカフェのクリスマスイベントの日。

しかも、14時からは、
絵本作家のいりやまさとしさん、真珠まりこさん、タカタカヲリさん、
大学で保育学を教えている久留島太郎さんによる
BOOKBANDのライブ演奏があります。
さらに我々のイベントのあと、16時からは
平田昌広さん、平田景さんによる絵本ライブもあるとか。

そんな特別な日にイベントをさせていただけるとは
とても光栄です。

23日は、盛りだくさんの一日。
ブックハウスカフェにお気軽に遊びにきてくださいね!

「よるだけパンダ」発売

10月25日、絵本「よるだけパンダ」が
小学館より発売いたしました。

既刊「いちにちパンダ」の続編にあたる絵本です。
今度はパンダが人気の動物園の、夜の時間のおはなし。
眠たそうなパンダさんの表紙。
今回もくさかさんの可愛くも、可笑しい絵が
いい具合に効いています。

今回も多くの方に助けをいただきながら
出版することができました。感謝感謝です。

上野動物園の赤ちゃんパンダ、シャンシャンも、
すくすく育っていますね。公開を待たれるところです。

よるだけパンダ、どうぞよろしくお願いいたします。

『よるだけパンダ』(小学館)
さく・大塚健太/え・くさかみなこ

小学館
amazon
絵本ナビ

第5回わかやま絵本大賞2017

「いちにちパンダ」(小学館)が
第5回わかやま絵本大賞2017で、第2位になりました!
http://www.living-wakayama.jp/social/ehon/

わかやま絵本大賞は、ノミネートされた絵本の中から、
和歌山県の書店で好きな作品を投票していただき決めるもの。
和歌山はパンダととてもご縁のある県、
みなさんに選んでもらい、本当にうれしいです。
ありがとうございます。

バンザーイ、パンダーイ!
和歌山行ってみたいなー。

第1回未来屋えほん大賞入賞

「いちにちパンダ」(小学館)が
第1回未来屋えほん大賞の入賞作に選ばれました!

「未来屋えほん大賞」とは?
この賞は、全国の未来屋書店・アシーネ約340店舗の児童書売場担当者にアンケートを実施。
最近1年間に出版された絵本の中から、最も支持された絵本を決定するというものです。
~未来屋書店サイトより抜粋~

最近1年間に出版された新作だけでも3000冊にものぼるとか。
その中で20冊に選んでいただいて、とても光栄です。
書店員さんに選んでいただいたというのも、また嬉しいですね。

現在、全国の未来屋書店・アシーネで未来屋えほん大賞フェアを開催中とのこと。
お近くに店舗のある方、ぜひのぞいてみてください。

ということで、これからも
いちにちパンダ、よろしくお願いします!

第47回京都新聞「お話を絵にする」コンクール

京都新聞主催、第47回「お話を絵にするコンクール」選定図書に
『いちにちパンダ』(小学館)が選ばれました。
幼稚園・保育園と小学校1、2年の部門です。
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/kyo_np/info/moyoosi/books/

本を読んで感じたこと、想像したことを、自由に絵にするというコンクールだそうで、
とても面白い企画ですね。
子どもたちの想像力(創造力)は無限。
いったいどんな絵を描いてくれるのか、今から楽しみです。
たくさんの子どもたちに『いちにちパンダ』を選んでもらえるといいなー。

全国から応募できるようですので、
子どもたちにおすすめです。
夏休みの課題としてもいいですね。

お陰様で

絵本、いちにちパンダが
お陰様で重版になりました。

奥付の二刷の文字を見て、改めて
嬉しい気持ちと感謝の気持ちがあふれてきました。
ありがとうございます。

どこの動物園でも、パンダは今日も明日も大人気のようですね。
いちにちパンダも、もっともっとたくさんの人に
広がっていくことを願っています。

「いちにちパンダ」
さく・大塚健太/え・くさかみなこ
(小学館)